あまり否定的な事は書きたくないのですが  なぜキースリチャーズの23年ぶりのソロアルバムがあまり良くなかったのか 自分なりに考えてみました

91nimun-gdl-_sl1500_

まず1988年に出たtalk is cheapは初ソロということと リリース当時抱え込んでいたストーンズに対するフラストレーションもあってかいわゆる「タレ」のアルバムでした(アマゾンのレビューでもどなたかが書かれてましたが「これをミックが歌えばスト-ンズのアルバムになる」というイメージ) 続く2枚目1992年のMAIN OFFENDERはストーンズのフラストレーションも解消され かつツアーを回ったことで絆の深まったワイノーズとのセッションで作成したいわゆる「塩」のアルバムでこれは超傑作だと思います

7188ymrpql-_sl1000_   515lnvvvzkl-_sx425_

そして今作CROSSEYED HEARTですが「タレ」「塩」と来てるのでまあ「タレ」だろうとは思っていましたがタレはタレでもクラプトン印のタレで「おしゃれアーバンブルースな1枚」 といったような印象を受けました いろいろ資料を見ると2011年くらいからアルバム制作を始めて (ワイノーズの参加もあるにはあるようですが一部のようです)自分でピアノやベースなどギター以外の楽器も演奏し音を重ねていったそうです 言い方は悪いですが長い時間こねくり回してたと まあ期限があるわけでもないので自分が納得いくまでいろいろ手を加えるのはいいのですが 時間をかけて一人多重録音をするタイプのアーティストとセッションして一発録りでレコーディングするアーティストがいるとして キースリチャーズは後者だと思うわけです まあ長々と書きましたが 要は「さっと炙って塩ふって出せ!」ということが言いたいわけです 結局はファンなのでリリースしてくれるだけでうれしいはうれしいんですけどね 来月に出るストーンズのブルースカバーアルバムも買わせていただきますよ!

 

さて今回は 巷で大流行りのミリタリー系ナイロンアウターのご紹介です いわゆるファストブランドからMA-1(もどきも含めて)が1900円~3900円程度で販売されているようで しかもスカジャンのような刺繡入りでも3000円以下で売っているものもあったりと 古着屋泣かせのアイテムだったりもするんですが 生地がペラペラだったり作りがチープだったりと一長一短あるようです 値段やブランドはともかく何年も着ようと思ったら作りのしっかりしたものを選びたいですね 正直「MA-1やスカジャン豊富にございます」とは言えない状況なので ミリタリー系(テイスト)のナイロンアウターを何点かご紹介します

まずはSpiewak x MACBETHのTG8-WEP

img_3606  img_3608

胸のミルスペックワッペン欠品です

サイズ  42  ¥5980

続いて メーカー不明のスカMA-1

img_3609   img_3610

タグがないので詳細不明ですが 刺繍はお金かかってそうです

サイズ 不明(M~Lくらい)  ¥6980

続いて レディース

COMME CA ISM

flc07151116r0108    flc07151116r0108_4

リブが印象的なリバーシブルブルゾン

サイズ M  ¥1980

最後に OZONE ROCKS

flc07151125r0103   flc07151125r0103_3

B-6をナイロンにしたようなイメージのブルゾン

サイズ S   ¥5980

*価格はすべて税抜き

いかがでしょうか?ミリタリーアウターというのは定番アイテムなので流行り廃りはあまり関係ないとは思いますが 今買うならMA-1以外のアイテムの方が個人的にはいいような気がします ですがMA-1やスカジャンは現在買い取って品出しするとすぐ売れるアイテムでもあるんですよね もちろん冬アウターは現在買取強化中ですので MA-1じゃなくてもお気軽にお持ちいただければと思います

当店の商品は全て1点ものになります、売り切れの際はご容赦ください