私事で恐縮ですが レプリカブランドのジーンズはevisuをずっと愛用していまして 旧2000(No.2)、2101(No.2)に続いて旧2005(No.2)もだいぶ色落ちしてきました

img_4147  img_4148 img_4151

このジーンズに関してはこれ以上色落ちさせたくないので 今後は週1穿くくらいに留めてこの状態をキープしようと思ってます 某掲示板のファッション板では「とっくに終わっている田舎ヤンキー御用達ブランド」の烙印を押されてしまって悲しいevisuですが 定番商品に関してはシルエットは50年代の501をベースにしてますし ジャストサイズを選べば普通に穿いているだけで自然にいい色落ちをしてくれる素晴らしいジーンズだと思います(まあ今時ジーンズの色落ちを気にしているのはヴィンテージブームを通ったおっさんくらいでしょうけど) ただこのくらいになるとあちこち劣化が始まってきて この2005も股部分のダメージが目立ってきました

img_3941

おっさんのまたぐらなんか興味ないんじゃ!というのはごもっともだと思いますが ステッチのほつれや生地の薄れで1部穴が開きそうになってます しかしもう少し穿きたいのでジーンズの修理専門店に修理を依頼してみました(もちろんevisu直営でも修理は行ってますが半年待ちとかになってしまうので今回はやめました) できれば発送するより持ち込みでお願いしたかったので検索したところ 当店の近くに専門でジーンズの修理を行っているお店があったのでそちらで頼むことにしました(許可を取ってないのでお店の名前は伏せますが「ジーンズ修理」で検索すると割と上の方に出てくる、三田にあるお店です) するとステッチ修理800円 生地補強3000円の計3800円プラス税で1週間かかるとのことでした 修理後がこちらです

img_4149  img_4150

お店の方の提案もあり 生地補強に関しては後々のことを考えてかなり広範囲にしましたがピンポイントなら1000円くらいだそうです(こんな広範囲に生地が擦れているわけではないです)この4000円を高いとみるか安いとみるかは人それぞれだと思いますが 元が21000円なので僕はこの程度なら許容範囲だと思いました あと状態を見ながら修理の相談(今回に関しては生地補強の場所や範囲など)ができるので 発送よりかは持ち込みの方がおすすめだと思います 持ち込み前には必ず洗濯をしましょう!

さて 今回の商品ですが  寒いです! 今週の木、金はもう店を閉めて帰るときは手袋がいるくらいでした そんなわけでメルトンのアウターをご紹介しようと思います メルトンアウターと言えばPコートですが 今回はスタジャンなどのショート丈のブルゾンタイプを何点かご紹介します

まずは 定番のメルトン×レザーのスタジャンを

Catchball Sports Wear made in USA

img_4197  img_4198

ノンデコレーションのシンプルな黒×白のスタジャン 大人にはこういうシンプルなものの方がいいのかもしれませんね(僕のホワイツビルはフルデコですが)サイズも日本人にうれしい36です

サイズ 36 ¥7980

続いてこちらもスタジャンの定番ブランド golden bear made in USA

img_4195   img_4196

こちらは スタジャンではなく オールメルトンのドリズラータイプ こちらも日本人にはうれしいXSサイズ 真冬でもジェームスディーンでいたい方に

サイズ  XS   ¥5980

最後に ロカビリー御用達ブランド CREAM SODAから

img_4199 img_4200  img_4201

スクーカムタイプのオールメルトンですが スカジャン風の刺繍が全面に施されてます わかりにくいですがフロントのスナップボタンもスカルになってます

サイズ L  ¥24800

*価格はすべて税抜き

いかがでしょうか? 今回は3点とも裏地がキルティング仕様ですので真冬にもピッタリですし 色落ちしたジーンズにも合う1品だと思います

当店の商品は全て1点ものになります、売り切れの際はご容赦ください

おかげさまで 当店無事?3年目を迎えさせていただきまして 現在アニバーサリーセールを開催しております

0001-6

第1弾としまして 現在はメンズ ネルシャツ レディース ニット/カーディガンそれぞれ50%OFFセールを開催中です 第2弾 第3弾と予定しておりますので 店頭やブログでの告知チェックよろしくお願いします

皆様のご来店お待ちしております